国内現場研修:「栗子トンネル(福島側)工事」

平成23年10月14日〜15日に、福島市内で恒例の現場見学・研修会が
全国から66名(33社)が参加し、開催された。
現場見学会に先立ち、会長、副会長、事務理事が福島県庁に土木部長を表明訪問した。


東北中央自動車道 栗子トンネル(福島側)工事
元  請   発注者:国土交通省東北地方整備局、   施 工:石田土木
  元 請:清水・大豊JV
概  要   総延長が8972m(うち福島側は5146m)、今回工事は2340m
工  期   平成21年8月〜平成25年3月
 特  徴 @ 完成すると東北地方では最も長い道路トンネルとなる。国内でも5番目の長大
   道路トンネルとなる。
A 豪雪地帯である福島・山形両県の県境に位置し、坑口部の標高も約400mと高
   く、厳しい気象条件下での施工である。
B 岩質は比較的硬質であるものの、顕著な断層破砕帯が数箇所確認されており、
   地質の変化部での岩塊の抜け落ちが予想され、土破りが大きい区間では山は
   ねの可能性がある。
C 本坑の上り線側に位置する避難坑既施工坑口からは、大量の湧水が流出して
   おり、本坑施工時の大量湧水が懸念される。



海外視察研修:「ボスポラス海峡横断鉄道トンネル工事」

平成22年11月3日〜9日に、トルコ共和国イスタンブールで
第7回海外視察研修が参加人員30名が参加し、開催された。


ボ ス ポ ラ ス 海 峡 横 断 鉄 道 ト ン ネ ル
施  工   大成建設、Gama・Nurol JV
概  要   総延長13,56km、 沈埋トンネル(1,367m)、シールドトンネル(18,72m)、
  山岳トンネル(NATM)による駅築造(L=266.5m)、換気立坑2本(掘削面積
  500u)
工  期   2004年8月(着工日)〜2013年10月
 特  徴   海峡横断に加え、イスタンブールの東西を鉄道結ぶ、街の大動脈となる。
  欧州側のシルケジとアジア側のウスクダルをつなぐ海峡トンネル建設には、沈埋
  函工法が採用され、最大深度60mは世界最深の沈埋函プロジェクトである。



国内現場研修:「鹿児島3号新武岡トンネル新設(2期)工事」

平成22年10月14日〜15日に、鹿児島市内で恒例の現場見学・研修会が
全国から53名(32社)が参加し、開催された。


新 武 岡 ト ン ネ ル 作 業 所
元  請   発注者:国土交通省九州地方整備局、 施工者:ハザマ・錢高組JV
概  要   本線部延長が111.5m(掘削断面積95〜378u)、ランプ部延長が692.5m(同88
  u)、換気横坑延長が364m(同30u)
工  期   平成22年3月〜平成24年12月
 特  徴 @ 軟弱で崩落性の高いシラス台地の下を山岳工法(NATM)で施工する。
A 本線・ランプ・換気横坑・ポンプ室立坑と、トンネル構造が複雑多岐にわたる。
B 本線・ランプ部の分岐部は4車線で、分岐手前で最大掘削断面積約380uで、
   道路トンネルとしては国内最大級である。
C 坑口から250mまでは低土被り区間(厚さ5〜17m)であり、民家や市道の直下を
   トンネルが通過している。
D シラス(掘削土)をコンクリートの骨材に流用していることが注目されている。