設立と経過

   本会は 個別企業では解決できない諸問題を協働に
  よって英知を結集し、これからの厳しい業界で共に維
  持発展する為に平成13年7月27日にトンネル専門工事
  業の全国的任意組織として設立されました。
   その後会員の総力により順調な発展を経て平成20年
  12月26日に一般社団法人日本トンネル専門工事業協会
  (略称「トンネル専門協」)として法的に認知されま
  した

  目的と使命

   国民生活並びに社会・経済・文化等の活動基盤であ
  る社会資本整備の一端を担う我々トンネル専門協は各
  社の企業力を最大限に発揮し、建設業界の発展に寄与
  する企業集団として、将来に向けてネットワークを積
  極的に拡大してまいりました。そして、人と品質を造
  り込む施工集団として更なる進化を遂げてまいります

  事業と成果

  (1)会員企業の共通課題等解決のために共働して取
     り組むこと
  (2)登録トンネル基幹技能者講習を通じて人材の確
     保・育成を図ること
  (3)業種間(施工・建機・資材・サービス)相互の
     連携を図ること
  (4)経営管理 施工技術 労働安全衛生福祉の向上
     に努めること
  (5)セミナー 委員会等の活動を通じて企業力の強
     化を促進すること
  (6)協会基盤の強化と社会的貢献により発信力と提
     案力を高めること