平成27年度
平成27年6月 *第1回登録トンネル基幹技能者更新講習(大阪会場) 修了者24名 累計222名
平成27年5月 *第8回定時社員総会開催    出席会員数102社(委任含む)    於:学士会館
   ・平成26年度事業報告  ・平成26年度収支決算及び監査報告
   ・平成27年度事業計画  ・平成27年度収支予算                他が承認された。
平成26年度
平成27年2月 *第3回登録トンネル基幹技能者講習(富士宮会場) 修了者5名 累計489名
*第3回合同安全パトロール   於:国道340号小峠トンネル工事
平成27年1月 *新春セミナー・賀詞交歓会  於:メルパルク東京
   ・行政講演:「我が国の建設業の現況と今後の展望について」
            (国土交通省土地・建設産業局 建設市場整備課長 屋敷次郎 様)
           「建設労働をめぐる情勢と人材確保に向けた取組について」
            (厚生労働省職業安定局 雇用開発部雇用開発企画課
                              建設港湾対策室長 上田国士 様)
   ・賀詞交歓会開催
*第4回登録トンネル基幹技能者更新講習(福岡会場) 修了者11名
平成26年12月 *古河ロックドリル 新型ドリルジャンボ発表見学会   参加者23名
平成26年11月 *第2回登録トンネル基幹技能者講習(三田会場)  修了者9名
平成26年10月 *現場見学研修会開催  参加者42名
   ・開催場所:名塩道路 八幡トンネル工事
         発注者:国土交通省 近畿地方整備局(兵庫国道事務所)
         元請:株)鴻池組  施工:北新建設(株)
*第2回合同安全パトロール   於: 佐久間道路東栄地区第一トンネル新設工事
*第3回登録トンネル基幹技能者更新講習(高槻会場) 修了者15名
平成26年9月 *秋季セミナー開催  於:メルパルク東京
   ・調査報告:「トンネル施工機械現場管理要員研修DVD」(施工環境委員会)
           「品質確保を目的とした覆工コンクリート作業手順」(技術・情報委員会)
   ・行政講演:「改正品確保等について」
           (国土交通省 大臣官房 技術調査課 建設システム管理企画室長 高村裕平 様)
           「建設業における労働災害の増加とそれに対する対応」
           (厚生労働省労働基準局 安全衛生部安全課 建設安全対策室長 野澤英児 様)
*トンネル施工機械現場管理要員研修会開催  於:国道115号腰巡トンネル工事  受講者11名
*幹部社員研修会 参加者16名
平成26年8月 *第2回登録トンネル基幹技能者更新講習(東京会場) 修了者16名
平成26年7月 *第1回登録トンネル基幹技能者講習(東日本会場) 修了者11名
平成26年6月 *第1回合同安全パトロール   於:那智勝浦自動車道市屋第1トンネル工事
*第1回登録トンネル基幹技能者更新講習(仙台会場) 修了者10名
平成26年5月 *第7回定時社員総会開催    出席会員数103社(委任含む)    於:学士会館
   ・平成25年度事業報告  ・平成25年度収支決算及び監査報告  ・役員選任
   ・平成26年度事業計画  ・平成26年度収支予算                以上が承認された。
平成25年度
平成26年3月 *第3回合同安全パトロール   於:安宅トンネル
*第8回登録トンネル基幹技能者更新講習(大阪会場) 修了者9名
平成26年2月 *第3回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場) 修了者9名 累計464名
*第八回海外視察研修会開催   参加者28名
   ・開催場所::Downtown Line Stage3 Contract933(シールドトンネル工事及び駅舎構築工事他)
       発注者:シンガポール陸上交通省  元請:五洋建設   スーパーバイザー:木部建設
平成26年1月 *新春セミナー・行政講演・賀詞交歓会  参加者152名  於:メルパルク東京
   ・講   演:「建設産業は若者を取り戻せるか」
            (一般財団法人 建設業振興基金理事長 内田俊一 様)
   ・行政講演:「社会保険未加入対策」(国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課
            労働資材対策室 労働適正化係長 比江島 昌 様)
           「建設機械の排ガス規制について」(国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課
            環境・リサイクル企画室 課長補佐 吉田 潔 様)
   ・賀詞交歓会開催
平成25年12月 *ネクスコ3社意見交換会
*第3回幹部社員研修会
平成25年11月 *第2回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場)  修了者21名 累計455名
*第7回登録トンネル基幹技能者更新講習(東京会場) 修了者1名
平成25年10月 *現場見学研修会開催  参加者44名
   ・開催場所:新名神高速道路 箕面トンネル東工事
       発注者:西日本高速道路株式会社  元請:大成建設梶@ 施工:吉岡建設
*日建連粉じん障害防止現場パトロール(2現場)
*第1回トンネル施工機械現場管理要員研修会開催  受講者17名
       於:新名神高速道路野登トンネル東工事
*第2回合同安全パトロール   於:八箇峠トンネル(十日町工区)
*第2回幹部社員研修会
平成25年9月 *秋季セミナー開催  参加者120名  於:メルパルク東京
   ・調査報告:「トンネル施工機械現場管理要員研修テキスト」(施工環境委員会)
           「トンネル覆工に関するアンケート調査報告」(技術・情報委員会)
           「トンネルガス爆発労働災害事例及び対策調査・研究報告」(労務安全衛生委員会)
   ・行政講演:「建設労働者確保育成助成金について」
           (国土交通省 土地・建設産業局建設・港湾対策室室長補佐 早川由世 様)
           「社会保険未加入対策及び専門工事業評価制度について」
           (国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課労働資材対策室長 千葉信義 様
*トンネル施工機械に関する協会内意見交換会開催
*第6回登録トンネル基幹技能者更新講習(福岡会場) 修了者15名
平成25年8月 *第5回登録トンネル基幹技能者更新講習(東京会場) 修了者21名
*第4回登録トンネル基幹技能者更新講習(札幌会場) 修了者12名
平成25年7月 *第1回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場) 修了者14名 累計434名
*第1回合同安全パトロール   於:上野原トンネル
*第3回登録トンネル基幹技能者更新講習(仙台会場) 修了者13名
*第1回幹部社員研修会
平成25年6月 *第2回登録トンネル基幹技能者更新講習(福岡会場) 修了者31名
平成25年5月 *第6回定時社員総会開催    出席会員数103社(委任含む)    於:学士会館
   ・平成24年度事業報告  ・平成24年度収支決算及び監査報告  ・役員選任
   ・平成25年度事業計画  ・平成25年度収支予算                以上が承認された。
平成25年4月 *第1回登録トンネル基幹技能者更新講習(大阪会場) 修了者33名
平成24年度
平成25年2月 *第3回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場) 修了者12名 累計420名
*第1回登録トンネル基幹技能者更新講習(東京会場)    修了者14名
*第2回トンネル施工機械現場管理要員研修会開催   受講者19名
   ・開催場所:さがみ縦貫 葉山島トンネル
       企業者:国土交通省関東地方整備局   元請:大成建設梶@   施 工 :成豊建設
平成25年1月 *新春セミナー行政講演・意見交換会   於:メルパルク東京
   ・「社会保険未加入対策推進について」
      (国土交通省 土地・建設産業局建設市場整備課労働資材対策室長 塩見英之)
   ・「建設生産システムにおける取り組みについて」
      (国土交通省大臣官房技術調査課建設システム管理企画室長 高村裕平氏)
   ・賀詞交歓会開催
*第3回幹部社員研修会開催
平成24年11月 *第1回トンネル施工機械現場管理要員研修会開催 受講者17名 於:東京八重洲ホール
*第2回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場)  修了者14名 累計408名
平成24年10月 *現場見学研修会開催   参加者46名
   ・開催場所:主要地方道―志美杉線(矢頭峠バイパス)道路改良矢頭峠トンネル
       発注者:三重県(津建設事務所)  元請:鹿島・日本土建・勢和特定建設工事共同企業体
       施 工 :横山工業・山ア建設共同企業体
*日建連粉じん障害防止現場パトロール参加(2現場)
*第2回幹部社員研修会開催
平成24年9月 *秋季セミナー開催   於:メルパルク東京
   ・調査報告:「トンネル施工機械トラブル事例」(施工環境委員会)
          「肌落ち労働災害防止のハンドブック その2」(技術・情報委員会)
          「現場宿舎生活に関するアンケート調査」(労務安全衛生委員会)
   ・講   演:「教育訓練助成金について」(職)全国建設産業教育訓練協会 富士教育訓練センター
           専務理事 菅井文明 様)
   ・行政講演:「建設業における労働災害増加要因等について」(厚生労働省 労働基準局 安全衛
           生部建設安全対策室長 中屋敷勝也 様)
          「山岳トンネル建設工事における肌落ち労働災害防止について」(独)労働安全衛生
           総生部合研究所建設安全研究グループ研究員 工学博士 吉川直孝 様)
*賀詞交歓会
*ネクスコ東日本意見交換会
平成24年8月 *ネクスコ西日本意見交換会開催
平成24年7月 *第1回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場) 修了者15名 累計394名
*第1回幹部社員研修会開催
平成24年5月 *第5回定時社員総会開催    出席会員数104社(委任含む)    於:学士会館
   ・平成23年度事業報告  ・平成23年度収支決算及び監査報告  ・役員選任及び顧問委嘱
   ・定款第4条(公告の方法)改定  ・平成24年度事業計画  ・平成24年度収支予算
                                               以上が承認された。
平成23年度
平成24年2月 *第3回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場) 修了者14名 累計379名
*第2回トンネル施工機械現場管理要員研修会開催  受講者20名
   ・開催場所:「浜離宮建設プラザ」(東京都中央区)
平成24年1月 *新春セミナー   出席者117名   於:メルパルク東京
   ・行政講演「建設産業の再生と発展のための方策2011」
    (国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課 専門工事業高度化推進官 松下雄介氏)
   ・賀詞交歓会  出席者162名
平成23年12月 *ネクスコ3社との意見交換会開催(トンネル専門協、日本機械土工協会、PC工事業協会 合同)
平成23年11月 *第2回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場) 修了者12名 累計365名
平成23年10月 *現場見学研修会開催   参加者66名
   ・開催場所:東北中央自動車道「栗子トンネル(福島側)工事」
       発注者:国土交通省東北地方整備局   元請:清水・大豊特定建設工事共同企業体
       施 工 :石田土木
*第1回トンネル施工機械現場管理要員研修会開催  受講者15名
   ・開催場所:「国道139号松姫トンネル小菅工区建設工事」(山梨県北郡留郡小菅村)
       元 請:天野工業JV   施 工 :北新建設
*日建連粉じん障害防止現場パトロール参加(2現場)
*第2回登録トンネル基幹技能者特例講習    修了者1名  累計353名
平成23年9月 *秋季セミナー開催   於:メルパルク東京
   ・調査報告「トンネル施工機械管理マニュアル」(商品開発改良委員会)
         「トンネル技術・技能の伝承〜その1坑口付け〜」(技術・情報委員会)
   ・行政講演「建設労働をめぐる情勢と雇用改善対策等について」
         (厚生労働省 職業安定局 建設・港湾対策室長 兼 介護労働対策室長 福士亘氏)
   ・懇談会
平成23年8月 *ネクスコ東日本 社長訪問  意見交換会申し入れ、了承された
平成23年7月 *第1回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場) 修了者31名 累計352名
*第1回登録トンネル基幹技能者特例講習    修了者2名  累計321名
*ネクスコ西日本、中日本 社長訪問  意見交換会申し入れ、了承された
平成23年5月 *第4回定時社員総会開催    議決権者数109社    於:学士会館
   ・平成22年度事業報告  ・平成22年度収支決算及び監査報告  ・役員選任並びに新任
   ・会費規定一部改定    ・役員退職金支給基準    ・人材育成事業に関する助成金支給規定
   ・平成23年度事業計画  ・平成23年度収支予算                以上が承認された。
*東日本大震災支援会
   ・会員より義援金を募り、日本トンネル専門工事業協会として日本赤十字社に120万円寄付した。
平成22年度
平成23年2月 *第1回トンネル施工機械現場管理要員研修会 参加者23名
   ・トンネル工事現場で適正な機械管理を行うことによって、機械トラブルによる生産性低下の防止
    及び安全確保、コスト削減を図ることを目的とし、新たに開催した
*第3回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場)  修了者18名 累計319名
平成23年1月 *新春セミナー   出席者114名   於:メルパルク東京
   ・新春講演「阪神・淡路大震災と中越地震が残す教訓」〜皆さん震災対応は十分ですか〜
          工学博士 長岡造形大学名誉教授(財)山の暮らし再生機構副理事長 平井邦彦 氏
   ・行政講演「建設生産システムでの取組み」
          国土交通省大臣官房技術調査課 建設システム管理企画室 室長 勢田昌功 氏
   ・意見交換会     同上
   ・賀詞交歓会  出席者132名
平成22年11月 *第2回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場) 修了者27名 累計301名
*第七回海外視察研修会開催   参加者30名
   ・「ボスポラス海峡横断鉄道建設工事」
       発注者:トルコ共和国、 運輸通信省・鉄道・港湾・空港建設総局
       施工者:大成建設、地元2社JV 契約金額:1,024億(当初) 工期:110ケ月
       工事延長:13,558m
       沈埋トンネル、シールドトンネル、山岳トンネル(NATM)を同時に施工
平成22年10月 *現場見学研修会開催   参加者54名
   ・鹿児島県鹿児島市田上〜武 「鹿児島3号新武岡トンネル新設(2期)工事」
       発注者:国土交通省九州地方整備局   元請:間・錢高特定建設工事共同企業体
       施 工 :拓進建設梶@             大断面(最大378u)都市NATM
平成22年9月 *秋季セミナー開催   出席者89名   於:メルパルク東京
   ・調査報告「ずい道工事の換気技術の調査」〜作業環境改善マニュアル〜(商品開発改良委員会)
         「現場労働時間及び賃金等に関する実態調査報告」(労務安全衛生委員会)
   ・行政講演「建設業の安全に対する施策等について」
           (厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 建設安全対策室長 田中敏章氏)
         「トンネル建設工事における粉じん対策推進事業について」
           (厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 環境改善室長   亀澤典子氏)
   ・懇談会「厚生労働省建設安全対策室長田中敏章氏 並び環境改善室長亀澤典子氏を囲んで」
           (厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 建設安全対策室長 田中敏章氏)
           (           〃             環境改善室長    亀澤典子氏)
平成22年7月 *第1回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場) 修了者26名 累計274名
平成22年5月 *第3回定時社員総会開催    議決権者数116社    於:学士会館
   ・平成21年度事業報告        ・平成21年度収支決算及び監査報告
   ・役員補欠選任及び顧問委嘱    ・常勤役員の報酬等の支給基準
   ・平成22年度事業計画        ・平成22年度収支予算       以上が承認された。
*講演「建設労働をめぐる情勢について」
      (国土交通省 総合政策局 建設市場整備課 労働資材対策官  松本貴文氏)
*懇親会  国土交通省、厚生労働省、(財)建設業振興基金、建設業労働災害防止協議会
       (財)日本トンネル技術協会、建設労務研究会、P・C工事業協会、鹿島建設鰍謔
       来賓13名のご臨席をえて懇親会を開催した。出席者134名
平成22年4月 *理事会・監事会の開催   於:メルパルク東京
*国土交通省大臣官房技術調査課との意見交換会の開催   於:メルパルク東京
   ・講演「建設生産システムの効率化他国土交通省技術調査課の平成22年度の取組について」
      (国土交通省 大臣官房 技術調査課 建設システム管理企画室長  勢田昌功氏)
   ・意見交換会
      (国土交通省 大臣官房 技術調査課長  横山晴生氏)
      (国土交通省 大臣官房 技術調査課 建設システム管理企画室長  勢田昌功氏)
平成21年度
平成22年2月 *第2回登録トンネル基幹技能者講習(兵庫県三田市会場) 修了者30名 累計248名
平成22年1月 *新春セミナー   出席者125名   於:メルパルク東京
   ・新春講演「今なぜ『黒部の太陽』なのか」
          〜大作ドラマが現代に残すメッセージ〜(ドラマプロデューサー  菊地裕幸氏)
   ・賀詞交歓会  出席者148名(内 来賓15名)
*機械、資材、サービス提供会員意見交換会開催  出席者47名
平成21年12月 第2回青年部会を浜離宮建設プラザにて開催
平成21年11月 *第1回登録トンネル基幹技能者講習(千葉県佐倉市会場) 修了者30名 累計218名
*国土交通大臣より一般社団法人日本トンネル専門工事業協会が登録基幹技能者講習実施機関
 として登録された(登録番号6)
平成21年10月 *現場見学研修会開催   参加者80名
   ・日本海沿岸自動車道 温海トンネル及び堅苔沢トンネル工事
       温海トンネル工事    元請 間・西武建設JV   協力会社 木部建設
       堅苔沢トンネル工事  元請 鹿島建設梶@     協力会社 北新建設
*青年部会発足 第1回会合開催   参加者11名   於:浜離宮建設プラザ
      目的主旨「次代を担う経営者育成並びに協会への政策提言」(総務企画委員会管轄)
平成21年9月 *秋季セミナー開催   出席者91名   於:メルパルク東京
   ・講演「トンネル工事におけるリスクアセスメント」(東京安全研究所 所長  林 利成氏)
   ・行政講演「建設生産システムでの取組み」出席者58名
      (国土交通省 大臣官房 技術調査課建設システム管理企画室長 勢田昌功氏)
   ・意見交歓会「国土交通 省大臣官房 技術調査課長 横山晴夫氏を囲んで」
      (国土交通省 大臣官房 技術調査課長  横山晴夫氏)
      (国土交通省 大臣官房 技術調査課 建設システム管理企画室長  勢田昌功氏)
平成21年5月 *第2回定時社員総会開催  於:学士会館
   ・平成20年度事業報告 ・平成20年度収支決算   ・監査報告
   ・役員選任         ・定款役員数の増員      ・資産移行受け入れ
   ・登録基幹技能者講習登録事項変更届出        ・平成21年度事業計画
   ・平成21年度収支予算                             以上が承認された。
*第8回通常総会開催(日本トンネル専門工事業協会)
   ・平成20年度事業報告 ・平成20年度収支決算   ・監査報告
   ・任意団体解散      ・資産移行                      以上が承認された。
*法人化記念祝賀会開催   出席者143名
*第8回登録トンネル基幹技能者特例講習開催(東京会場)
   ・登録トンネル基幹技能者特例 修了者15名 累計188名  
平成21年4月 *第7回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者18名
平成20年度
平成21年3月 ・第六回海外視察研修会を「ブランカトンネル」(チェコ)にて開催 32名参加
・第6回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者11名
平成21年2月 ・第5回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者36名
平成21年1月 ・第6回新春セミナー及び賀詞交歓会、理事会開催    145名参加
平成20年12月 ・一般社団法人として法務局に登記完了
・第4回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者22名
平成20年11月 ・第3回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者20名
平成20年10月 ・第7回現場見学研修会を「北海道渡島当別トンネル」にて開催    73名参加
・第2回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者19名
平成20年9月 ・第6回秋季セミナー及び懇親会開催  91名参加
   講演「建設摂生産システムにおける総合評価方式」
        (国土交通省大臣官房技術調査課建設システム管理室長)
・第1回登録トンネル基幹技能者特例講習開催    修了者47名
平成20年5月 ・第7回通常総会、理事会開催  131名参加
平成19年度
平成20年3月 第2回常任理事会開催
平成20年1月 第5回新春セミナー及び賀詞交歓会を開催  187名参加
   講演「これからの建設労働行政と建設資機材の動向」(国交省横田対策官)
   並びに「トンネル技術者・技能者のロマンと臨床トンネル工学」がテーマ
平成19年11月 第9回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験をハザマ京都研修センターにて開催 22名認定
平成19年10月 第6回現場見学研修会を「北海道高速道路・大夕張トンネル」にて開催  170名参加
平成19年9月 第5回秋季セミナー及び懇親会開催  110名参加
  講演「トンネル工事の粉じん対策」(厚生労働省環境改善室長)
  情報・技術委員会「トンネル工事における肌落ち防止ハンドブック」作成発表
平成19年7月 第8回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験をハザマ浦安研修センターにて開催 23名認定
平成19年5月 第6回通常総会開催、活動方針「技能監督と技術管理の統合をめざして」が野ア会長より宣言される
平成18年度
平成19年2月 ・第五回海外視察研修会をイタリア高速道路建設「ボッキオリノ・トンネル工事現場」にて開催 26名参加
・第7回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験をハザマ浦安研修センターにて開催 20名認定
平成19年1月 第4回新春セミナー及び賀詞交歓会を開催
  講演「建設労働・資材の現状と課題」(国交省労働資材対策室長)
  並びに「環境と向き合って歩む専門工事業の新時代」(桐蔭横浜大学教授)がテーマ
平成18年11月 ・第5回現場見学研修会をLPガス国家備蓄「波方地下備蓄基地」(愛媛県今治市)にて開催
・第6回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験をハザマ京都研修センターにて開催 20名認定
平成18年9月 第4回秋季セミナー及び懇親会開催
  特別講演「少子高齢化による労働力不足への対応」(中小企業診断士)と
  「商品開発改良委員会各部会の成果発表」がテーマ
平成18年7月 第5回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験をハザマ浦安研修センターにて開催 19名認定
平成18年5月 第5回通常総会開催
  役員改選で高山会長が名誉会長に、成豊建設且ミ長の野ア副会長が第二代会長に就任
  活動方針「存在意義のある強靭な企業集団をめざして」が決議される
平成17年度
平成18年3月 第四回海外視察研修会をスイスアルプス「ゴッタルドベース鉄道トンネル工事」にて開催 26名参加
平成18年2月 第4回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験を佐倉安全教育センターにて開催 24名認定
平成18年1月 第3回新春セミナー及び賀詞交歓会を開催
  講演「建設業界の将来展望と経営革新」(日刊建設工業新聞編集局長)
  並びに商品開発改良委員会の部会活動成果発表が行なわれる。
平成17年11月 ・第4回現場研修会を東海北陸自動車道「飛騨トンネル工事現場」(岐阜県白河村)にて開催
・第3回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験をハザマ京都研修センターにて開催 23名認定
平成17年9月 第3回労安衛生セミナーを秋季セミナーと改題し開催
  特別講演「専門工事業の再生への道を探る」(建設経営コンサルタント)
  委員会報告「肌落ち災害防止技術等について」
          「防水・特殊部会活動中間報告」(技術・情報委員会)がテーマ
平成17年8月 第2回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験を佐倉安全教育センターにて開催 25名認定
平成17年5月 第4回通常総会が開催
  活動方針「具体的な事業推進をめざして」が決議される
平成16年度
平成17年3月 第三回海外視察研修会をシンガポール「ハーバーフロント地下鉄駅舎工事」現場にて開催 24名参加
平成17年2月 第1回トンネル基幹技能者認定講習会及び認定試験を佐倉安全教育センターにて開催 28名認定
平成17年1月 第2回賀詞交歓会及び新春セミナー開催
  基調講演「建設業の環境変化に対応するマネージメント革新」(中小企業診断士)
  委員会報告「トンネル工事肌落ち災害防止対策」
  新委員会設立「商品開発改良委員会の方針発表」がテーマ
平成16年10月 第3回現場見学研修会を「第二東名高速道路富士川トンネル東工事」現場にて開催
平成16年9月 第2回労務・安全・衛生セミナーを開催
  国交省及び厚生労働省より講師を招聘しての講習会
  委員会活動成果「職業性疾病予防の手引き」の解説、「基幹技能者資格認定講習会実施」の発表
平成16年5月 ・第3回通常総会開催
  役員改選・活動方針「自助努力とパートナーシップの確立」が決議される
平成15年度
平成16年3月 ・委員会活動成果「職業性疾病予防の手引き」を発刊、業界紙で発表し、会員他に配布する
・国交省並びに建設業振興基金に基幹技能者育成事業の「技能開発計画」を提出し承認される
・第二回海外視察研修を豪州シドニー都市ナトム「クロスシティトンネル」現場にて開催 26名参加
平成16年1月 第1回賀詞交換会及び新春セミナー開催
  特別講演「建設産業行政と人材育成」(国交省)
  委員会報告「肌落ち災害の防止対策技術」(日本トンネル技術協会)がテーマ
平成15年10月 第2回現場見学研修会を「第二東名高速道路の大断面富士川トンネル西工事」にて開催
平成15年9月 第1回労務安全衛生セミナーを「職業性疾病の防止対策」をテーマに開催
平成15年5月 第2回通常総会開催 事業活動方針「存在意義のある企業集団」などが決議される
平成14年度
平成15年3月 第一回海外視察研修会を中国「三峡ダム工事」現場にて開催 参加者23名
平成15年2月 新春賀詞交換会及び新春セミナー開催
  「ゼネコンとサブコンの将来」「覆工コンクリートの問題点」がテーマ
平成14年9月 第1回現場見学研修会を「北陸新幹線飯山トンネル工事」にて開催
平成14年5月 第1回通常総会開催
  役員選出、本協会「レールウェイ基本戦略」を策定
  事業活動方針「強靭な集団をめざして」を策定
平成13年度
平成13年8月 建設業第27条33により国土交通大臣に団体届出をし、国土交通省発足後の届出第1号の全国団体
となる。また公正取引委員会に業者団体設立届を提出する。
平成13年7月 全国のトンネル工事業33社が相集い、日本トンネル専門工事業協会が任意団体として発足。
創立総会が開催され、定款及び諸規定、事業計画、収支予算等の審議承認がされ、初代会長に
高山昇氏(北新建設株式会社代表取締役社長)他、役員が選出されるとともに活動方針など決定
される。