総 務 企 画 委 員 会  

【基本方針】 協会運営の中長期計画立案及び事業活動全般に関する企画・調整・支援を行う  
  (1) 事業計画を立案・審議し、理事・監事会及び定時社員総会に上程する  
  (2) 定時社員総会、理事・監事会、新春セミナー・賀詞交歓会、国土交通省・厚生労働省との意見交換会等を企画・開催する  
  (3) 幹部社員研修会の企画・開催及び各委員会活動への支援・調整を行う  
  (4) 国土交通省優秀施工者、青年優秀施工者及び厚生労働省安全優良職長の候補者推薦を行う  
           
          組 織 広 報 委 員 会  

【基本方針】 会員入会促進及び会員交流、広報活動推進により、協会体制の強化と会員へのサービス向上を図る  
  (1) 新会員の入会勧誘活動を継続して実施する  
  (2) 協会活動を業界紙へ積極的に発表し、関係機関及び社会一般に広く情報を発信する  
  (3) トンネル専門協パンフレットを改定する  
  (4) NTS会報の発行(年3回、会員企業PR記事掲載)による情報サービスを行う  
  (5) 協会行事の掲載及び会員ホームページとのリンク等、協会ホームページの充実と活用を図り広く情報サービスを行う  
  (6) 登録基幹技能者制度推進協議会、(一財)建設業振興基金、(職)全国職業訓練協会等関連団体との交流促進により外部情報を積極的に取り入れ、事業展開に活用する  
         
          労 務 安 全 衛 生 委 員 会  

【基本方針】 会員企業のニーズに即したテーマに関する調査研究を通して、労務・安全・衛生に係わる具体的対応策を検討・立案する。また、合同現場安全パトロールの実施及び労働災害事例 の水平展開等により、労働災害、職業性疾病の防止等会員企業の安全衛生管理向上に資する  
  (1) これまでに調査した労働災害事例(7年間で80件)を再度精査・分析の上、労働災害事例集として集大成して各種安全教育に活用する  
  (2) 肌落ちガイドラインに即応した「切羽監視責任者」の安全教育テキストを作成し、肌落ち災害防止に役立てる  
  (3) 会員の労働災害発生調査を行い、災害事例集を作成し水平展開を行う  
  (4) 会員企業が施工中のトンネル現場を対象に、当該施工会社と当委員会委員等との合同現場安全パトロールを年3回実施する。  
  (5) 情報・意見交換会等を主内容とした労務安全担当者研修会を開催する  
  (6) 秋季セミナーの主管箇所として、安全衛生等に関連する行政講演・意見交換会及び委員会活動成果報告会を開催し、会員企業の労働衛生管理向上の一助とする  
   
          技 術 ・ 情 報 委 員 会  

【基本方針】 生産システムの調査・研究により、会員企業の生産性向上及び技術・技能の継承並びに労働災害の防止を図る  
  (1) 会員企業のトンネル施工現場において見学・研修会を開催し、工法・技術・機械・設備・安全等に関する研修、意見交換会を開催する。このことより、会員企業相互の技術・技能のレベルアップを図る  
  (2) 日本の山岳トンネルの施工法は在来工法からNATMに代わってから久しく、その間補助工法の発展により、いろいろな地山に対応できるように進化してきた。 一方、最近建設業界は担い手確保・育成から働き方改革が要求され、そのためには生産性向上が必須条件となってきた。 生産性向上のためには、従来通りの考え方では、更なる生産性の向上は望めない。よって、現在のヨーロッパ、北欧、アメリカ等海外における 山岳トンネルの施工技術、施工法及び施工システムを調査・研究することとした。  
   
          基 幹 技 能 者 育 成 委 員 会  

【基本方針】 公的資格『登録トンネル基幹技能者』の取得促進・維持を図るため、登録トンネル 基幹技能者能者講習並びに更新講習を定期開催し、トンネル施工の人材確保・育成に資する  
  (1) 登録トンネル基幹技能者講習を年2回、静岡県富士宮市「富士教育訓練センター」及び滋賀県守山市「ホテル琵琶湖プラザ」で開催する  
  (2) 登録トンネル基幹技能者更新講習を年4回、東京、大阪、札幌、福岡で開催する  
  (3) 事務規程に基づき、登録トンネル基幹技能者講習及び更新講習の試験問題の承認及び受講者の修了判定を行う  
  (4) 登録基幹技能者の地位向上及び評価・活用の促進を主目的とする登録基幹技能者制度推進協議会の参加団体として、制度拡充、広報推進等の諸活動に参画す。  
   
           施 工 環 境 委 員 会  

【基本方針】 施工系、機械系、資材系、サービス系各会員の連携強化を図り、相互研鑽と協働により、 トンネル工事の生産性向上、現場作業環境・生活環境の改善及び安全の確保を目指す  
  (1) 会員企業のトンネル施工現場において、当委員会で作成したトンネル工事主要使用機械のメンテナンスDVD、研修テキスト等を使用した座学研修と実機研修を併用したトンネル施工機械現場管理要員研修を開催する  
  (2) エンジンの排ガス規制の高次化とトンネルの長大化に伴い、新型エンジンを搭載したトンネル施工機械が採用されるようになってきた。この新型エンジンは、従来のエンジンと異なるメンテナンスが必要であり、平成24年度の作成した「トンネル施工機械現場管理要員研修テキスト」に新型車用及び他の新開発機械・設備等の管理マニュアルを追加した改定版を作成し、研修テキストとする